聴力回復 方法

Image Replacement

自宅で聴力を回復させる最適な方法とは

自宅で聴力を回復させる最適な方法は、意外に簡単な方法で毎日あきずに継続できる方法でなくてはいけません。当サイトでは、聴力を回復させる方法を耳鼻科の治療だけでは終わらせずに、自宅でできる聴力の回復方法をご紹介しています。

通院だけが難聴治療の最前線ではありません

ishigun.jpg

テレビ番組で耳鼻科の先生が出演して聴力を回復させる方法について話していました。この先生の話では、聴力を回復させるためには3つ選択肢があるのだといいます。それは、「薬」と「手術」そして「補聴器」だそうです。

番組では老人を対象にした加齢性難聴の番組でしたので、聴力の回復には補聴器の装着が一番よいと、補聴器が一番効果的だと話していました。

確かに歳をとるにつれて多くの方は加齢性の難聴になっていきます。もちろん歳をとれば難聴を回復させる自己回復力も衰えます。回復力がなければ補聴器を選択することが最も適切な選択です。

これは難聴で一番不自由になることは対話力だからです。聴力が衰える一番の問題点は会話が困難になることです。相手が何を話しているのか理解できなくなりますので会話のキャッチボールができなくなります。その結果、多くの難聴者は他人との対話力を諦めてしまい引きこもってしまうか、最悪の場合はウツ病になってしまう人もいます。だから加齢性難聴で対話力が断ち切られるまえに補聴器を付けて対応するのです。

聴力が衰えたことで対話力ができなくなったことを自覚した方の多くは、難聴を自らの力で回復させることを諦めてしまうのです。

人は対話力なしでは生きていけないといっても間違いではないくらい他人との対話力は必要なものです。重度または耳が全く聞こえない聾(ろう)の方だって対話力の大切さを知っているので手話を使って話します。人間は孤独になることが一番苦しいし辛いのです。だからいつでも対話力を続けます。


そこで大切なことは、どうしたら他人との対話力が上手くいくようになるかの方法を探せるかどうかです!難聴になってしまった事実は現実逃避できないのですから、どうしたら難聴が回復できるのかを探すことが一番大切なのです。

冒頭でも耳鼻科の先生が言われていました。

・薬で難聴を回復させる方法。
・手術という選択もあります。
・補聴器も選択肢のひとつです。

自分の耳は自己回復できない状態なのか、もしくは回復する可能性はまだ残されているのか。どれを選択するにしても、どの方法で対話力ができる状態にしていくかを選択しないと最悪な結末になってしまいます。

あなたの年齢で補聴器を装着しなくては難聴が回復しないくらい回復力が衰えていると思いますか?「YES」でしたら補聴器を考えた方がよいでしょう。

ただこれだけはお伝えしておかないといけません!残念ながら補聴器を長期間、愛用してしまうと人間の耳というものはいい加減なものでして、補聴器をしていないと聞き取れなくなります。補聴器の音に慣れてしまい補聴器がないとほとんど聞こえなくなってしまいます。まだ自力でも回復させる回復力があるのでしたら補聴器の選択は一番最後でもよいのではとも思います。補聴器は自分のカラダの治癒能力や薬などの効果で回復している訳ではありませんから自己回復したことにはなりません。

難聴を自己回復させる方法は「薬」「手術」です。今までであれば……
今まではこの選択肢しかありませんでした。


しかし最近では難聴になった聴力を自力で回復させる薬も手術にも頼らないう方法があります。

耳鳴り人口(国内)

聴力の正常値と異常値